合宿免許のよいところ

自動車の免許を取ろうと思っている人で、できるだけ安い料金で免許を取りたいと思っているのであれば、合宿免許という教習システムを利用してみてはよいのではないでしょうか。まとまった休みがある人でないと、合宿するというのは難しいですが、夏休みや春休みなどのまとまった期間の休みがある人であれば、参加する事は可能です。合宿免許のよいところは、料金が安いというところと、通常よりも短い期間で免許を取ることができるというところです。教習所に通って免許を取るとなると、なかなか予約が取れなくて、間が空いてしまい前回習ったことを忘れてしまったりする可能性もありますが、合宿して免許を取る方法であれば、あらかじめ日程が決まっている為、予約が取れずに間が空いてしまうという事もありませんので、運転技術が上達するのも早いというメリットもあります。

自動車学校に通うならば合宿免許

自動車免許を取得するためには、通常は自動車学校に通うことになります。また、自動車学校に通学する方法とある一定期間集中的に実技や学科をこなす合宿免許の2つの方法があります。メリットは、後者の合宿で自動車免許を取得した方がよりあります。その理由は、短期間で自動車免許を取得できることです。自動車学校に通学するならば、2ヵ月から3ヵ月くらいかかるのが一般的です。しかし、合宿免許は最短で2週間程度で取得することができてしまいます。特に、大学生は長期の休みを利用することで、その長期の休みの間に自動車免許を取得できます。逆に通学するならば、自動車学校に毎回通う時間を捻出しなければいけなくなりますし、また実技の予約が中々取れないこともあって、大学生といえど結構大変であります。ですが、合宿免許であれば、そういった問題はなくなります。合宿先から自動車学校まで近いですし、実技も予め決められていますので、わざわざ実技の予約を入れないで済みます。

合宿免許の一番のメリット

合宿免許は、ある一定期間合宿先に滞在して自動車免許に携わる教習を行って、自動車免許を取得することを言います。この合宿で自動車免許を取得する一番のメリットは、何といっても自動車学校に通うよりも費用が安くなることであります。それは、お得なパック料金を採用しているからです。そのパック料金には、教習費だけでなく、宿泊費用や食事費用、交通費等が含まれています。また多くの自動車学校では、合宿免許の場合には教習補習や再検定になった場合でも教習補習や再検定の費用は、発生しないで済みます。また、教習補習や再検定になったことで合宿期間が延びたとしても、延泊費用の追加費用は発生しないで済みます。自動車学校に通学すれば教習補習や再検定になった場合には、当然卒業できる日は延びますが、それだけでなく教習補習や再検定の費用まで発生します。それを考えると、合宿免許がいかに安い費用で自動車免許を取得できるか分かります。